HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

中国四国農政局と中国経産局、地域資源など5件認定

 中国四国農政局、中国経済産業局は地域資源活用促進法に基づき1件の地域資源活用事業計画と、農商工等連携促進法に基づき、農商工連携事業計画4件の合計5件を認定した。認定を受けた企業、事業は次の通り。

 【地域資源】▽甲陽ケミカル(鳥取県境港市)=カニ殻から抽出される「キチン」、「キトサン」を活用した高付加価値商品の製造・販売事業。5年間で2億7000万円の売り上げを見込む▽ひかわ(島根県出雲市)=製茶技術を活かした「野菜茶」などの開発・販売。5年間で4700万円を見込む▽西粟倉・森の学校(岡山県西粟倉村)=美作材の間伐材による「オフィス什器」、「ステーショナリー」と「木製装身具」などの開発・販売。5年間で1億5000万円を見込む▽ワタオカ(広島県呉市)=ヤスリの技術を活用した多様な用途向けのヤスリの開発・販路開拓事業。5年間で4000万円を見込む。

 【農商工等連携】▽源吉兆庵(岡山市南区)、松下食品(鳥取県米子市)、鳥取いなば農業協同組合(鳥取市)、鳥取中央農業協同組合(鳥取県倉吉市)、鳥取西部農業協同組合(鳥取県米子市)=鳥取県産農作物を活用した「カップデザート」の製造・販売事業。5年間で4億8000万円を見込む。


【2013年3月13日 日刊工業新聞社】