HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

九州経産局、「地域産業資源活用事業計画」10件を認定

 【福岡】九州経済産業局は中小企業地域資源活用促進法に基づく「地域産業資源活用事業計画」10件を認定した。認定事業者と事業名は次の通り。

 ▽せき亭(福岡市博多区)=簡便かつ本格的な「はかた地どり」水炊き・雑炊等、冷凍・常温品の開発・販路開拓▽アトム堂(佐賀市)=佐賀牛、佐賀産のたまねぎ等を使った新しい「食スタイル」を提案する肉まんの開発・販売▽吉村商店(佐賀県唐津市)=「唐津あじ」を活用した日本初となる日本産ハラル餃子開発と販路開拓▽スカルパ(長崎市)=茂木びわの種を活用した独自の焙煎(ばいせん)加工によるびわ種茶の開発および販路開拓▽れんげ・カンパニー(熊本県山鹿市)=熊本県産大豆を丸ごと微粉末にした無臭全粒大豆粉を活用した商品の開発および販路開拓▽虹の通潤館(同山都町)=九州中央山地国定公園(九州脊梁山地)等を活用した“健康と環境と学び”の専門ガイド・インストラクター付き滞在型エコツーリズムプログラムの開発と販路開拓▽宮崎ひでじビール(宮崎県延岡市)=SPG膜精密ろ過技術と宮崎県農産物を利用したビール・フルーツ発泡酒の開発と販路開拓▽YSフーズ(鹿児島市)=鹿児島県養殖魚の内臓を有効活用した「本鮪ほるもん」等の商品開発と販路拡大▽しか屋(同)=全国初、納豆屋が造る納豆加工食品の開発と販売▽やまさき(鹿児島県姶良市)=黒さつま鶏の「桜島灰干し」の開発と販路開拓事業


【2013年3月8日 日刊工業新聞社】