HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/道の駅しもつけ取締役支配人の後藤勲さん「目的地として」

 「道の駅には立ち寄り場所のイメージがあるが、目的地として来てほしい」と狙いを説明するのは、道の駅しもつけ(栃木県下野市)取締役支配人の後藤勲さん。好業績を維持している。

 女性を意識した運営や積極的な商品開発が実った。東日本大震災直後に開業し、「計画通りにいくか心配だったが、計画をはるかに超える売り上げを達成できている」と手応えを語る。

 「人口6万人の下野市にある道の駅に年間270万人が来ている。120人の雇用も生んだ」と自負。栃木を代表する道の駅に育てる、という次の目的に向かって走る。(宇都宮)


【2013年3月8日 日刊工業新聞社】