HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

134会議所で「婚活」開催−日商調べ「街コン」流行、参加者2倍

 日本商工会議所が各地商工会議所の取り組む婚活事業を調査したところ、2011年度の実施商工会議所は過去最高を更新、参加者は約2倍に、カップルの成立も1000組超を記録、うち69組が結婚した。「街コン」など新たな流れに乗ったことなどが成功要因となっている。

 商工会議所は地域経済の活性化、少子化対策を主たる目的として出会いの場提供事業を従来から実施してきたが、実施商工会議所は少なかった。だが、地域経済の疲弊や少子高齢化が加速したこともあり取り組み会議所は近年増加の一途。

 07年度では19商工会議所が27回開催したに過ぎなかったが、00年度は94会議所が148回実施、さらに11年度は134会議所が237回開催と急増している。12年度は173会議所が取り組むことになる見通し。

 参加者は00年度で男性4662人、女性4415人と合計9077人。それが11年度では男性9373人、女性8925人と合計1万8298人と2倍以上に膨らんだ。急増の背景には地元商店街と連携した「街コン」の開催などがある。

 盛岡商工会議所は参加者が時間内であれば何店回っても食べ放題・飲み放題の「盛岡×街コン 出会いのわんこ わんこン」を開催。弘前商工会議所は「ひろさき合コンリーグ」を実施、男女それぞれ3人1組のチームをつくり、指定した3店舗を1店舗50分で回り飲食、終了後もアフターミーティングとして2000円で飲食可能な店を紹介した。

 11年度のカップル成立は1071組、1回の事業で平均4・5組が成立した。龍野商工会議所の「龍野城DE婚活〜ハリマの小京都歴史散策&グルメツアー」では男性20人、女性19人の参加で13組。


【2013年3月4日 日刊工業新聞社】