HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

神戸同友会、2012年度提言を兵庫県知事・神戸市長に提案−観光客増に照準

 【神戸】神戸経済同友会は2012年度提言「世界の人が来たくなるまち神戸〜iKOBE(アイ神戸)」をまとめ、井戸敏三兵庫県知事、矢田立郎神戸市長に提案した。観光客など交流人口を増やして街を活性化することが必要だと指摘し、神戸情報アプリの製作など具体的な施策や活動を盛りこんだ。

 情報発信力の強化で観光客を増やそうと、「愛神戸」「いこうべ」という意味を込めたiKOBEをキャッチコピーとした。iKOBEセンターを設置し、ターゲットを絞ったツーリズムテーマやイベントの企画や、著名人をiKOBEコーディネーターに任命、情報発信強化を提案。操作しやすい神戸情報アプリを試作し、観光客が情報を楽しく手軽に入手できる仕組みを提示した。

 また、市内交通インフラを改善するため次世代型路面電車(LRT)の活用や、観光客向け通信環境の整備としてWi―Fi(ワイファイ)無線の整備なども求めた。


【2013年3月4日 日刊工業新聞社】