HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

大阪府市・財界、「観光局」設立に合意−戦略的集客図る

 大阪府、大阪市、大阪商工会議所、関西経済連合会、関西経済同友会は18日、大阪の都市魅力創造をテーマに各トップが会談し、4月1日の「大阪観光局」設立などを合意した。官民が一体となり、マーケティング調査や重要実績指標による進捗(しんちょく)管理の徹底などで、戦略的に観光集客を図る。府、市、経済界が各2億5000万円を負担し、総事業費は7億5000万円。2012年概算推計で212万人の来阪外国人旅客数を、2020年に650万人を目指す。

 大阪観光局の局長には香港政府観光局日本地区コンサルタントの加納國雄氏が就任する。「大阪観光局評価委員会」も設置し、事業計画と目標達成度を評価する。会談では、佐藤茂雄大商会頭は「PRだけではなく、訴求するものをいかに作り上げるかが課題」、橋下徹市長は「伝統と文化に基礎を置きながらも、今までの感覚とは違う挑戦的な取り組みも必要」と話した。


【2013年2月19日 日刊工業新聞社】