HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

2013年度予算/和歌山県、新エネの創出促進

 【南大阪】和歌山県は2013年度当初予算案に、新エネルギーの創出促進として3071万円を盛り込んだ。農業用木質バイオマスボイラの導入を支援し、県内森林資源の地域内循環と安定した農業経営の実現を目指す。さらに県漁業調査船「きのくに」の魚群探知機を高性能化し、沿岸域の表層型メタンハイドレートを調べる。産業分野の新政策はほかに、世界で活躍する人材を育てるため、知事や経済人らが講師を務める経営塾「わかやま塾」開催に360万円を計上。サービス産業の県外市場開拓支援に335万円を充てた。既存事業では起業家創出支援や県内企業の海外展開支援などの予算を増額。

 一般会計は前年度比1.3%減の5672億円。前年度にピークを迎えた国体関連施設の整備が終わったために減少した。商工費は同1.9%増の1002億円。


【2013年2月18日 日刊工業新聞社】