HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

つくば市、筑波学園都市50周年事業の実行委立ち上げ

 【水戸】茨城県つくば市は12日、「筑波研究学園都市50周年記念事業実行委員会」を立ち上げた。50年の歩みを総括した上で、立地機関が連携し、地域の一層の活性化につなげるのが目的。11月に記念式典を開催するほか、つくばの教育・研究機関、団体、企業などが主催するイベントを連携冠事業として展開していく。

 同日開いた実行委の初会合で委員長に就任した市原健一市長は、今後の同学園都市について「行政、大学、企業などと連携を強固にしてオールつくばで国の成長戦略を支えたい」と抱負を述べた。

 同学園都市は1963年9月に建設が閣議了解されており、現在、民間企業を含め、300社超の研究機関と2万人以上の研究者が集積している。


【2013年2月13日 日刊工業新聞社】