HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

幸田商店と運平堂本店、べっ甲ほしいもようかん発売

 幸田商店(茨城県ひたちなか市、鬼沢宏幸社長、029−263−3737)と運平堂本店(同日立市)は、共同で開発した「べっ甲ほしいもようかん」を「べっ甲丸干しいも」とのセットで18日に発売する。開発したようかんには、泉種のサツマイモを使用。幸田商店独自の品質規格で定めた色、形、糖度で優れた「べっ甲ほしいも」を原料に、地元の老舗和菓子屋の技術で干しイモ本来の甘み、香り、色味を閉じこめた。粒あんとの2層構造で見た目も楽しめる。食品添加物は使っていない。

 価格はようかん200グラムと丸干しイモ2本入りで1250円。春先までの今シーズンで500セットの販売を目指す。両社の各店のほか、インターネットで販売する。また、2月27日から3日間、JR上野駅中央改札外グランドコンコース内で開催されるイベントでも販売する。(水戸)


【2013年1月18日 日刊工業新聞社】