HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

東武百貨店池袋本店、女子大生考案のイチゴスイーツ販売

 静岡県産のイチゴを女子大学生のアイデアでスイーツに―。東武百貨店(東京都豊島区、根津公一社長、03−3981−2211)は、池袋本店のレストラン街でイチゴを使った「紅ほっぺスイーツフェア」を開いている。

 静岡県いちご協議会が協賛。栄養学を学ぶ5大学の学生が各店のシェフと共同で同県産の紅ほっぺを使ったメニューを考案した。

 大妻女子大、実践女子大、女子栄養短大、東京家政大、目白短大の学生計67人が、全43品のスイーツを考えた。「白玉ぜんざい 紅ほっぺの天ぷら添え」や「紅ほっぺと京野菜の豆乳あんかけ」など学生ならではのアイデアを生かしたスイーツがそろい、同店の担当者は「楽しくて斬新なメニューが並んだ」と話している。

 同協議会によると「昨年は台風があったもののその後の天候が順調で、素晴らしい紅ほっぺができた」(事務局)という。これらのスイーツは同店のレストラン街43店で3月13日まで提供される。


【2013年1月17日 日刊工業新聞社】