HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

JR西、京都に鉄道博物館

 JR西日本は19日、2016年春に車両展示や鉄道に関する体験ができる鉄道博物館(イメージ)を京都市下京区に開業すると発表した。既設の梅小路蒸気機関車館の隣接地に延べ床面積約1万8800平方メートルを建設し、蒸気機関車館の展示スペースと合わせて約3万1000平方メートルになる。収蔵車両は蒸気機関車館の19両と合わせて約50両。日本最大級の規模という。総事業費は約70億円。年間約80万人の来館者を見込む。

 詳細は未定だが、歴史ある車両や珍しい車両、新幹線などを展示。線路につながる留置線を博物館に引き込み、現役の保守車両など普段見られない営業車両も展示できる。実際に運転士が訓練で使う運転シミュレーターや軌道を使った体験型展示、現場で働く社員による解説など、鉄道に関するさまざまな体験もできる。施設名称は未定。


【2012年12月20日 日刊工業新聞社】