HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

三信商会、北海道夕張市に工場兼倉庫建設

 【札幌】三信商会(横浜市青葉区、谷沢昇社長、045-983-3751)は3日、北海道夕張市に進出すると発表した。夕張緑陽団地の用地約1.4ヘクタールを取得し、延べ床面積430平方メートルの湯たんぽを加工・保管する工場兼倉庫を建設する。2013年5月に着工し、9月操業の予定。当初の従業員は5人程度を計画。投資額は5000万―1億円を見込んでいる。

 同社はドイツ・ファシーが製造する湯たんぽの販売代理店。国内だけでなく、アジアでも知名度が高い夕張ブランドの湯たんぽを展開するのが進出の狙い。当面はファシーに生産を委託し、夕張で簡単な加工を行い、国内外に出荷する。将来は夕張での生産も検討する。第1弾として1万個を13年12月に発売する。

 同日、同団地を分譲する中小企業基盤整備機構北海道本部と土地譲渡契約を結んだ。同社の進出により、同団地は完売した。


【2012年12月4日 日刊工業新聞社】