HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

近畿大とサントリー、うめきたに「近大マグロ」専門店

 近畿大学とサントリーホールディングス(HD)は3日、和歌山県と連携し、2013年4月に開業予定のうめきた・グランフロント大阪の中核施設「ナレッジキャピタル」6階に、養殖魚などがその場で楽しめる専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」を開店すると発表した。近畿大が和歌山県白浜町で養殖しているクロマグロ「近大マグロ」やマダイなどを使った料理を提供する。食材や酒類も和歌山県産が中心となる。

 約100席がある産学官連携の新店舗ではカウンター席にタブレット端末(携帯型情報端末)を置き、近大マグロの詳細をPR。近畿大生も同店のインターンシップに参加し商品企画や店内装飾のプランを出す計画で教育の場としても活用する。

 大阪市内で記者会見した近畿大の世耕弘成理事長は「近大マグロを食べたいという声に応えたいと思っていた。和歌山県の地域振興にもつなげたい」と述べた。


【2012年12月4日 日刊工業新聞社】