HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/渡辺商事・渡辺幸富社長「ギョーザとコラボ」

 「ギョーザを食べて、おなかをきれいにしてほしい」と売り込むのは、渡辺商事(宇都宮市)社長の渡辺幸富さん。皮や具材に栃木県鹿沼市産コンニャクを使ったギョーザを発売した。

 鹿沼ではコンニャク生産者の高齢化が進んでいるという。地域の活性化に向け、「栃木県の食品として有名なギョーザと組み合わせれば、消費拡大につながるのではないか」と思いついた。

 これまでにも栃木県内の店舗と連携して、地元のユズを使っためんつゆジュレ(ゼリー)などを販売してきた。「地域には宝が眠っている。これから全国に発信していきたい」と策を練る。(宇都宮)


【2012年11月20日 日刊工業新聞社】