HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

中国経産局など、8事業を認定

 【広島】中国経済産業局、中国四国農政局は、地域資源活用促進法に基づき3件の事業計画と、農商工等連携促進法に基づき、連携事業計画5件の合計8件を認定した。

 認定を受けた企業、事業は次の通り。

 【地域資源】▽三宝産業(岡山市北区)=シイタケを原料とするシイタケドリンクなどの健康食品の開発・販売▽マル幸商事(山口県下関市)=下関市の地域資源である「クジラ」「ふぐ」「レンコダイ」「ウルメイワシ」を活用したレトルト加工などによる商品開発・販路拡大▽原田食品(山口県柳井市)=コンニャク製造技術を活用した「マジックマンナンペースト」「むきエビ形状コンニャク」などの商品開発、用途開発と国内外への販路開拓事業

 【農商工等連携】▽旭養鶏舎(島根県大田市)、ユーサイド(京都府宇治市)=産学連携開発「えごま卵」を活用したマヨネーズなどの卵加工品の開発・販売▽JAPAN MAGGOT COMPANY(岡山市北区)、みのる産業(岡山県赤磐市)=ハチの代替として使用する授粉用のハエの生産・販売▽紫竹カントリー(岡山県津山市)、ペブルフードオペレーション(岡山県津山市)=津山産小麦を原料にした津山餃子などのご当地グルメの開発・販路開拓▽広島ゆたか農業協同組合(広島県呉市)、インスマート(広島市中区)=広島県呉市と大崎上島のかんきつ類の花弁、葉、果皮などを活用したハーブティーなどの開発事業▽山口県漁業協同組合長門統括支店(山口県長門市)、大和食品(山口県下関市)=山口県長門沿岸の海藻を活用した加工食品の開発・販売


【2012年11月2日 日刊工業新聞社】