HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

大商、「水辺のにぎわい」実証

 大阪商工会議所は13―21日に開く「水都大阪フェス2012」に合わせ、大阪市中心部の中之島西部エリアに新たな水辺のにぎわいをつくる実証実験を展開する。「中之島ゲートエリアプロジェクト」や、水と光の回廊を巡る拠点「本町橋BASEプロジェクト」で、同エリア全体を対象に水辺のにぎわいづくりに取り組むのは初めて。

 フェス期間中は、大阪市中央卸売市場そばの公園に水辺のオープンレストランを設けるほかに、公園や川沿いの倉庫などライトアップ、船上から楽しめるようにクルーズ船を出航する。また個人所有の小型船が係留できる埠頭(ふとう)を実験的に設置し、海と川をつなぐ観光拠点の可能性を調査する。

 一方、大阪城外堀の東横堀川の本町橋船着き場に小型船を係留し、チャータークルーズを10月から12月まで実施。18日、19日は東横堀川の堤防や、川の上部にある高速道路裏面をスクリーンに見立てて、船に乗りながら水族館「海遊館」のオリジナル映像などを楽しめるクルーズ船を運航する。


【2012年10月2日 日刊工業新聞社】