HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

全力で「広島へようこそ」−県職員12人がおもてなし

 広島県を訪れた観光客をもてなす『全力歓迎課!』が広島県で発足した。メンバーは広島県の男性職員12人で構成。一人ひとりが、特産品や観光地などにちなんだ名前をつけて情報発信するとともに、観光客に全力でおもてなし活動をする。

 23人の応募者から選ばれた熱い志を持つ12人。「おしい!名鑑」で紹介する特定のアイテムを一人一つ受け持つ。かきを受け持つ「牡蠣 旬」、お好み焼きの「好焼 箆男(へらお)」、酒の「西条 酒蔵」などのほか「帝釈峡 天然」「神楽 カダブラ」などの名を持ち、受け持つアイテムのPRに努める。

 平日は商工労働局や総務局で通常勤務し、11月末までの週末は「全力歓迎課!」で勤務する。県内のイベント会場にスーツや作業着で出掛け、観光案内、記念撮影の手伝いなどのおもてなし、JR広島駅、広島空港でのお出迎えなどにあたる。観光客の笑顔を喜びに、誠心誠意のおもてなしに努める。(広島)


【2012年9月21日 日刊工業新聞社】