HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

JR九州、高級寝台「ななつ星」の専任部署が始動

 JR九州は3日、2013年に運行を始める高級寝台列車「ななつ星in九州」の専任部署「クルーズトレイン本部」の業務を開始した。唐池恒二社長は開設式で、担当者を呼び上げながら「世界一を目指しましょう」と激励。

 同列車はホテルと車内泊を組み合わせて九州を周遊し、価格は最高55万円。10月から予約受け付けを始める。年間売上高の見込みは数億円で「大きくないようだが、鉄道事業の増収は1億円でも大変」と経営面でも期待する。

 地域の協力を得て観光地の魅力を高めるとともに車内環境に力を入れる。「車窓を眺め、新しい人生に巡り合ってほしい」とか。全社のサービス向上にもつなげることで「交通機関としてステージがあがるはず」と“満点の星”を目指す。(福岡)


【2012年9月4日 日刊工業新聞社】