HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

仏壇・金箔加工など伝統技法を世界に−京都・滋賀の中小5社、英で生活用品販売

 京都・滋賀地区の伝統産業中小5社は「関西伝統技法倶楽部」を結成、仏壇作りなどに用いる伝統技法を生かした製品で世界展開に乗り出す。共同で海外販路を継続的に拡大する。伝統技法に造詣の深い英国在住の日本人や外国人デザイナーの協力を得て、海外で受け入れられる製品を開発。英ロンドンで5店舗程度のアンテナショップを開拓、2014年度にも本格販売活動を始める。認知が高まれば欧州全域や米国、アジアへと広げる計画だ。

 同倶楽部は、井上(滋賀県彦根市、仏壇)、丸滋製陶(同甲賀市、陶器)、大東寝具工業(京都市伏見区、寝具)、日吉屋(同上京区、京和傘)、横山竹材店(同、竹製品)の5社で結成した。経済産業省の「JAPANブランド育成支援事業」でプロジェクトを進め、滋賀大学がコーディネーターを務める。

 商品化を計画しているのはインテリア製品など生活用品。日本人や日本の伝統技法に関する理解が深いデザイナーを起用。同倶楽部の参加企業が、仏壇の漆塗りや金箔加工、寝具の和ざらしといった伝統技法を生かして各社が製品を製作する。2013年度には試作品を完成して展示会に出展し、14年度からはロンドンの店舗で常設販売を始める計画だ。

 まずは市場調査のため9月中旬に英国でワークショップを実施、現地のデザイナー、バイヤーらの意見や消費者動向などを聞く。また、展示会出展に備えた現地の展示会や販売店舗の見学も行う。(京都)


【2012年9月3日 日刊工業新聞社】