HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

オオコーチ、木造のドラッグストアを建設−三重「あかね材」など利用

 【津】オオコーチ(三重県松阪市、黄瀬稔社長、0598−26−1551)は、三重県松阪市大黒田町に木造建築の大型ドラッグストアを建設する。構造部分には集成材を使い、内装には三重県が利用促進に力を入れる木材「あかね材」を使用する。店舗は11月下旬に開店する予定。

 発注者は、東海、近畿地方を中心にドラッグストアを展開する東海セイムス(三重県松阪市)。東海セイムスが木造のドラッグストアを建設するのは初めてで、全国でも珍しいという。建物は1階建てで、床面積は約798平方メートル。建築費用は非公表。

 建物の梁(はり)や柱にはオオコーチが作った集成材を使い、店舗内の壁にはあかね材の板を使用する。あかね材は三重県産のスギやヒノキなどの中で、昆虫の虫食いにより価値が低下した木材。性能や耐久性に問題はなく、県も有効活用に力を入れている。


【2012年8月22日 日刊工業新聞社】