HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

個性発信・話題の商品/JR九州たまごファーム−「うちのたまご」

 JR九州がグループのJR九州たまごファーム(福岡県飯塚市)で生産する「うちのたまご」は小売価格6個378円の高級卵。一般的な卵より数倍高いが8月から2割増産する人気ぶりだ。

 親鶏は緑に囲まれた山あいの鶏舎でえさと水にこだわり飼育する。衛生管理と「鶏の福祉」(同社)を優先した至れり尽くせりの環境だ。広いケージで育つためストレスが少なく食欲旺盛で、その分だけ卵も栄養たっぷり。「甘くて、白身が鏡餅のように強い。人手もコストもかけている。(着色など)安易な付加価値化はしない」と福田太喜雄同社取締役はきっぱり言い切る。販路は駅での小売りや通信販売のほかグループの飲食事業を活用する。食品宅配業者など他社へも販売している。JR博多駅の直売所で食べられる「たまごかけごはん」も人気。卵2個、ご飯2杯に漬物と小鉢がついて500円。しょうゆの食べ比べもできて満足度は高い。7月12日には羽田空港に2号店をオープンした。愛情を込めた“金(きん)の卵”を全国に羽ばたかせる。


【2012年8月6日 日刊工業新聞社】