HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

東京・中野区、「都市観光ビジョン」策定

 東京都中野区は「中野区都市観光ビジョン」を策定した。区内には名勝指定を受けた公園やサブカルチャーの集積地など新たな観光スポットができつつあり、6月には民間主導で中野区観光協会が設立されたことから、区としても都市観光の将来像や取り組む方向性を示す。区内での観光消費の増加や雇用拡大、関連産業への波及を通して地域経済活性化を目指す。

 都市観光ビジョンでは三つのサブテーマに基づき、「観光資源の発掘・開発」「観光受け入れ態勢の整備」「情報発信による来街者誘致」の3本柱を軸に、観光商品の開発や人材育成などの各種施策に取り組む。サブテーマでは成果目標を設定し、例として区内商業の年間販売額を2014年度に07年度比5.4%増の1兆2500億円、19年度に同7.9%増の1兆2800億円にすることなどを目指す。

 こうした取り組みを推進するため、区や観光協会、交通・旅行事業者や教育機関、区内商工団体などで「中野区都市観光推進協議会(仮称)」を今年度中に設置する。協議会では都市観光における産学公の役割分担や、総合的な都市観光推進計画の策定を進めていく。


【2012年7月27日 日刊工業新聞社】