HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/前農林水産相の鹿野道彦さん「1次産業の時代」

 「日本もいよいよ第1次産業の時代を迎えた」。こう力強く語るのは、前農林水産相の鹿野道彦さん。

 自治体による地方活性化の切り札はかつては企業の工場誘致だったが、最近はグローバル化の進展により難しい状況。代わって切り札になるのは農業や林業など地元産業の付加価値を高める6次産業化であり「雇用の確保にもなる」と力説する。

 「農業者の弱点はつくった作物の価格を自分で決められないことだったが、6次産業化すれば決定権が持てる」と指摘。都会に出ていた若者も地方の魅力を再発見し戻るようになると説く。


【2012年7月26日 日刊工業新聞社】