HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

エルデ、地域活性化へ行政向け動画配信サイト事業化

 エルデ(東京都新宿区、土屋勝社長、03-5312-6916)は、地域活性化のための行政機関向け動画配信サイト「locomi(ロコミ)」を事業化する。市区町村などの自治体で独自のドメインを取得でき、その地域に関連した動画を「ユーチューブ」などのように誰でも投稿、閲覧できる。町おこしや住民同士の交流に活用できる。年間利用料は60万円、初期設定費を含め100万円以内を想定する。

 投稿された動画は地域内外の店舗や公共施設などに設置したデジタルサイネージ(電子看板)に高画質で放映できる。

 管理者が動画の内容を見て公開・非公開を決められるため、反社会的映像の公開や著作権侵害を未然に防げ、自治体や学校からでも安心してアクセスできる。簡単な操作のみで管理・投稿でき、専門知識は不要。

 デジタルサイネージへの放映はインターネットと「ウィンドウズ」環境があれば可能。2012年4月に東京都の経営革新計画の承認を受け、事業化に踏み切った。エルデは主にシステム開発を行う会社。

 事業化に先駆け、08年から島根県海士町と共同で開発、実証実験を行ってきた。海士町は隠岐諸島に位置する人口約2500人の町。同町の動画サイト「海士テレビ」では、住民らが撮影した島のイベントや特産物などの紹介動画を配信している。また海士町産のカキを扱う都内の飲食店などに設置されたデジタルサイネージに投稿動画を放映し町の魅力を伝えている。

 海士町役場の大江和彦産業創出課長は「取り組みを始めて観光客や特産品の販売量が増えたようだ」と手応えを語る。


【2012年7月18日 日刊工業新聞社】