HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

夏の旅行意欲、国内・海外とも過去最高−新名所・避暑需要伸びる

 JTBが5日発表した2012年夏休み(7月15日-8月31日)の旅行動向見通しによると、旅行への意欲は国内旅行、海外旅行とも過去最高となった。期間中の推計総旅行人数は前年同期比2.4%増の7703万人。推計総旅行消費額は同5.8%増の3兆1817億円。東日本大震災で需要が冷えこんだ昨年からの反動に加え、相次いだ新名所の開設や避暑需要、円高など好条件に恵まれ、例年以上に旅行意欲が高まったようだ。

 推計国内旅行人数は同2.3%増の7431万人。行き先は東京スカイツリーやダイバーシティ東京、渋谷ヒカリエといった新名所の誕生が続いた東京に人気が集まる。特にスカイツリー周辺地区やアクセスの良い千代田区、墨田区、台東区や、台場付近の宿泊ニーズが高いという。

 東北地方は世界文化遺産に登録された岩手県・平泉を中心に観光需要が復調しつつある。避暑需要で首都圏からの観光客が好調だった信州方面の人気も続き、関西、中京方面からの旅行申し込みも増えている。推計海外旅行人数は同4.6%増の272万人となった。


【2012年7月6日 日刊工業新聞社】