HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

中国運輸局など、広島湾ナイトクルージングの社会実験を実施

 中国運輸局、広島市、広島商工会議所などで組織する「広島湾ナイトクルージング実行委員会」(広島市中区、082-244-6156)は、16日から8月31日まで「広島湾ナイトクルージング」の社会実験を行う。瀬戸内海の魅力を生かした観光プラン創出など、広島の新たな観光資源になり得るかどうかを調査する。3年間の実験で今年度が最終年度となる。 ナイトクルージングは観光客数増と滞在時間・宿泊数の延長、広島湾のにぎわいづくりが目的。広島の新たな魅力の発信ツールを発掘する。観光客へのアンケートなどを分析、観光動向を探る。

 ナイトクルージングの運行は、瀬戸内海汽船、上村汽船、似島汽船など6社が、広島港―宮島間を中心に、それぞれのコースを設けて実施する。航路湾岸の施設もライトアップなどで協力する。厳島神社や広島ガス廿日市工場など12施設で19-21時半点灯する。(広島)


【2012年7月5日 日刊工業新聞社】