HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

兵庫・尼崎市など4者、菰樽の歴史紹介した冊子発行

 兵庫県尼崎市や尼崎商工会議所など4者は、地域の伝統産業である菰樽(こもだる)の歴史を紹介する「菰樽ものがたり」を発行した。尼崎緑化協会の榎本利明理事が執筆し、尼崎市立地域研究資料館の中村光夫氏が監修。同資料館によると菰樽に関する体系的な書籍は初めてという。市内の小、中、高等学校および阪神間の公立図書館に無料で配布するほか、200冊限定で一般販売する。A5判97ページ、価格は送料込みで1200円。問い合わせは岸本吉二商店(兵庫県尼崎市、06-6421-4454)へ。

 尼崎市は鏡開きなどに使われる菰樽の生産で全国シェアの8割を占める一大産地。伊丹や灘など酒どころに近く、菰に適した長い藁が取れたことが由来と言われる。(神戸)


【2012年6月26日 日刊工業新聞社】