HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

近畿経産局、優れたデザイン商品の海外展開支援へ指南塾

 近畿経済産業局はデザイン性に優れた製品を持つ関西企業の海外展開を段階的に支援する。まずは7月に「海外展開指南塾」を開講し、世界に通用するブランド力の確立を目指すジャパンブランドや地域資源活用認定製品などを持つ中小企業を対象に海外展開の課題やノウハウ習得を支援。続いて秋に海外展開可能性調査を実施し現地ニーズを把握。これらの結果を踏まえて、12月―2013年1月の海外展示会出展を最終目標にサポートする計画。

 「海外展開指南塾」(参加無料)は7―9月に全5回の課題別勉強会として開催する。知的財産戦略の策定や海外に向けた商品の選定、英文パンフレットなど海外販路開拓ツールの作成を学ぶほか、外国人によるモニター調査なども行う。

 海外展開可能性調査では中小企業基盤整備機構近畿支部などの支援事業を活用し、現地での事業化を探る企業化調査(FS)や海外バイヤーを招聘(しょうへい)した個別評価を実施する。

 海外展開のための基本ノウハウや環境が整えば、最終目標である海外見本市の出展へと結びつける。ジェトロなどの出展ブースを活用し米国やフランス、香港の展示会などに出展する。出展前後にはアドバイザーによる各種サポートを受けられる。

 同取り組みは11年度から始めた関西クリエイティブ・プロダクツプロモーション事業の一環。


【2012年6月21日 日刊工業新聞社】