HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

中部経産局、新連携計画など10件を認定

 【名古屋】中部経済産業局は20日、2012年度第1回の新連携計画、農商工等連携事業計画、地域産業資源活用事業計画の計10件を認定した。新連携計画で認定されたのは、スクラッチバック(名古屋市千種区)などの「建築物の内装に使われる壁紙の端材を有効活用した袋等の製造・販売」など3件。他は次の通り。

 【新連携計画】▽アイサンテクノロジー(名古屋市中区)など=高精度車両計測システムを利用した3次元道路データの開発・販売▽桜井技研工業(愛知県春日井市)など=強力な永久磁石を用いた移動足場装置の製造販売・設置・貸し出し

 【農商工等連携事業計画】▽JapanFoodExpert(名古屋市中区)など=抗酸化力に優れたタモギタケを使った加工食品の製造・販売▽おとうふ工房いしかわ(愛知県高浜市)など=イソフラボン含有量が多い新品種大豆「ゆきぴりか」による大豆飲料等加工食品の製造・販売▽水谷養蜂園(三重県松阪市)など=青果入り国産はちみつ加工品シリーズの製造・販売

 【地域産業資源活用事業計画】▽金トビ志賀(愛知県蒲郡市)=きしめんの製法技術で新食感を実現した減塩乾麺類の製造販売▽山路製陶所(岐阜県土岐市)=美濃焼の焼成技術で高い遠赤外線放射率を実現した「お湯を使わない足湯用セラミックボール」の製造販売▽久政(三重県志摩市)=独自の手火山焙乾方式でいぶした伊勢志摩・波切産節から加工した削り節等の製造販売▽藤総製陶所(同四日市市)=萬古焼・至高急須シリーズの製造販売


【2012年6月21日 日刊工業新聞社】