HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/和歌山県知事の仁坂吉伸さん「国の支援ほしい」

 「放射能汚染を理由にした輸入規制ははっきり言って“日本いじめ”。WTO(世界貿易機関)違反の可能性もある。政府はもっとしっかり戦ってほしい」。こう注文するのは和歌山県知事の仁坂吉伸さん。農林水産相に、中国の輸入規制緩和などを要望した。

 和歌山県は梅、ミカン、カキなど農産物が豊富。放射能汚染の風評被害で、輸出に影響が出ているという。「放射能値を測定しても中国より低いぐらいだし、カキは絶対大丈夫」と不満を隠さない。

 割安な海外フルーツとの競合もある。「果樹の品種改良や生産性向上対策にも国の支援がほしい」と訴える。


【2012年6月12日 日刊工業新聞社】