HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

ファミマ、牧場支援へ福島牛を一頭買い

 ファミリーマートは東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故で影響を受けた、福島県飯舘村で育った牛と牧場を支援する「牛―一頭買いプロジェクト」を始めた。同社の電子商取引(EC)関連事業を展開するファミマ・ドット・コムのサイトを通じて飯舘村で育った黒毛和牛の同社限定商品を数量限定で発売した。販売したのは精肉1000グラム分がセットになった「一頭まるごと希少部位セット」(3万1290円)や、950グラム分のステーキ肉がセットになった「特選!ステーキセット」(1万2600円)など。

 商品は千葉県環境財団の放射能測定検査を受け安全・安心が証明されているという。


【2012年6月7日 日刊工業新聞社】