HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

ぐるなび総研、訪日観光客の誘致策探る研究会

 ぐるなび総研(東京都千代田区、滝久雄社長、03‐3500‐9687)は23日、訪日観光客の効果的な誘致施策の研究組織「インバウンド研究会」を発足させた。観光庁や自治体のほか、航空、鉄道、ホテルの各社、シンクタンクの計14社・団体が当初メンバー。外国観光政策研究プロジェクトチームや日本観光振興協会の協力を得て運営する。

 同日、都内で発足記念講演会を開き、活動を始めた。今後、定期的に会合を開き、日本の食文化を軸としたインバウンド(訪日外国人の誘致)戦略について、ブランド戦略や受け入れ環境整備、人材育成といった側面から研究し、関係機関に提言していく。

 ぐるなび総研はぐるなびの関連会社で「食」に関する調査・研究を行っている。


【2012年4月24日 日刊工業新聞社】