HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

三条工業会、通販で地域製品拡販

 【新潟】協同組合三条工業会(新潟県三条市、兼古耕一理事長、0256-31-2161)は、工業会本体と組合員企業の通信販売事業への取り組みを強化する。

 2012年度に企業の通信販売事業に詳しい専門家を招いての勉強会を複数回開くとともに、通販で成果を上げている企業・団体を視察し成功事例を学び、工具類や刃物類といった地域の有力製品の販路拡大につなげる。

 三条工業会には三条地域の金属関連企業など約520社が所属している。今回、勉強会や成功事例視察などを通じて、通信販売で効率的に売り上げや利益を出せるノウハウを学ぶことで、通信販売事業を活性化し、重要な販路として育てていく考えだ。

 所属企業には工具類や刃物類などを製造する中小メーカーも多い。各メーカーの販路としては、問屋を経由しての全国の金物店への販売や、ホームセンター(HC)などがある。ただ、各地の商店街が衰退傾向にあるのと、HCとの取引では価格面などの条件が厳しい場合があり、新たな販路開拓が課題になっている。

 以前からインターネット販売を手がけている企業もあるが、成果を上げている例は多くなく、また、同工業会も独自の製品販売サイトを開設し所属企業の製品を取り扱うが、運営経費に見合った販売量につながっていないという。


【2012年4月23日 日刊工業新聞社】