HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

農水省、食と地域『絆』優良事例で24件

 農林水産省は「食と地域の優良『絆』づくり」の優良事例として、よみがえれ南三陸(宮城県南三陸町)の「南三陸を片付け隊!」など24件の取り組みを選定した。食を生み出す農林水産業と、その舞台となる農山漁村の活力再生のため、地域内外の結びつきによる地域活性化の優良事例を選定、発信する事業で、応募件数は合計102件。

 選ばれた事例名と団体所在地は次の通り。

▽若者と農村をつなぐ!きたベジプロジェクト(札幌市中央区)▽自然にやさしく持続可能な産業づくり(同黒松内町)▽エゾシカと地元農産物を活用したなんぷブランド事業(同南富良野町)▽山あいの食文化がつなぐ生きる底力、地域再生の力(岩手県一関市)▽南三陸を片付け隊!(宮城県南三陸町)▽大震災を乗り越えて希望のイチゴを復活!(同亘理町と山元町)▽地域のお店『なんでもや』(同丸森町)▽廃校の宿泊施設を利用した体験、交流(栃木県塩谷町)▽森を育ててお菓子を創る(埼玉県秩父市)▽ミツバチがつなぐ都市と地域の絆づくり(東京都中央区)▽片浦みかんプロジェクト(神奈川県小田原市)▽もう一度、千枚の棚田を(静岡県菊川市)▽丸ごとコメのみそでだれでも食べられるバリアフリー食(新潟県長岡市)▽小水力発電と農産物を利用した地域づくり(岐阜県郡上市)▽桑の葉で健康食品開発(滋賀県東近江市)▽鶏肉・鶏卵ブランド化に取り組んだ農商工連携(和歌山県みなべ町)▽高校生が考える地域水産業活性化(島根県浜田市)▽生物多様性保全型農業でふるさとの食と環境を守る(広島県世羅町)▽地域内外でのつながりを通じて学校と地域の灯火を守る▽村並み保存から地域循環型産業の創出へ(愛媛県内子町)▽平成の桃源郷おがわ作小屋村づくり(宮崎県西米良村)▽未来に向かって夢がきっときらり輝くわたしたちの農業(同都城市)▽阿室校区親子山村留学活動(鹿児島県宇検村)▽やんばるの森での環境保全型産業創出(沖縄県国頭村)


【2012年4月16日 日刊工業新聞社】