HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

東芝の新入社員、宮城でワカメ作り支援

 東芝は9日、東日本大震災で被災した宮城県の石巻市と南三陸町で、新入社員がワカメ生産の支援活動を行うと発表した。新人研修の一環として、ワカメの袋詰めや養殖網の重り作りなどを手伝う。同社は「座学ではなく、復興作業を体感することで企業の社会的責任を自覚してもらいたい」(広報室)としている。認定NPO法人(特定非営利活動法人)ジェン(本部東京)の協力を得て実施する。16日から20日までの間、同社とグループ会社の新入社員778人が3班に分かれ、それぞれ2泊3日の日程で作業を行う予定。


【2012年4月10日 日刊工業新聞社】