HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

姫路城の鯱、50年ぶり新調

 平成の大修理に入っている国宝・姫路城(兵庫県姫路市)で5日、大天守に設置される鯱(しゃちほこ)瓦の清祓(きよはらい)式が行われた。昭和の大修理以来50年ぶりに新調された鯱瓦は高さ1.86メートル、重さ約300キログラムで、昭和の旧鯱瓦を模写した。

 日本伝統瓦技術保存会の協力で完成、石見利勝姫路市長はあいさつで「日本の伝統技術を後世に伝えることができる」と強調した。

 7日には姫路城周辺で鯱引き行列が行われ、5月中には大天守(高さ46メートル)に設置される予定。工事は鹿島・神崎組(姫路市)・立建設(同)の共同企業体が担当しており、2014年春に完了する。(姫路)


【2012年4月6日 日刊工業新聞社】