HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

個性発信・売り場から/チェルシージャパン−地域密着型アウトレット

 チェルシージャパンが運営する茨城県阿見町の複合商業施設「あみプレミアム・アウトレット」。2009年7月の開業以来、年間約420万人が利用して好評なことから、同社運営の他商業施設にはない異例の早さで11年12月に店舗数を約1・5倍の151店舗に増やした。従来の子ども連れの家族向けに、若年層や高齢者向け店舗を加えたことで、年間約490万人の利用を目指す。

 同施設では茨城県南部や千葉県北部の住民による日常的な利用が多いことから、地域に根ざしたアウトレットを目指している。

 これまでに茨城県観光物産協会と「いばらき観光物産展」を共催したほか、阿見町とも観光物産展「まい・あみ・マルシェ」を開催し、地域の特産品を販売した。「県を巻き込んで地域活性化に取り組んでいきたい」(鈴木元啓副支配人)としている。4月下旬には茨城県ホテル旅館生活衛生同業組合の「いばらき女将の会」と期間限定で連携し、県外旅行客に同商業施設を拠点に県内周遊を楽しんでもらう企画などを始める。


【2012年4月3日 日刊工業新聞社】