HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

大阪府と大阪市、芸術文化・観光・まちづくりの3組織設立検討

 大阪府と大阪市は26日、観光や都市活性化などを議論する都市魅力戦略会議を開き、3組織の設立や5エリアのマネジメント戦略などの中間案概要をとりまとめた。3組織は、芸術文化に関する評価・選定を行政ではなく専門家が行う「大阪版アーツカウンシル」、観光などの集客事業を府市で一体的に推進する「大阪観光局」、大阪の特色を生かした「水と光のまちづくりオーソリティー」で、2012―13年度の設立を検討する。大阪観光局と同様の組織には大阪観光コンベンション協会があるが、より強力に施策を推進するため新組織を作る。

 このほか、大阪城周辺や中之島など大阪市内5エリアで、各特色を生かしたマネジメント戦略を設定している。地域活性化事業のために地域の合意を基礎に設立する組織で、ニューヨークなどで例がある「大阪版BID(ビジネス・インプルーブメント・ディストリクト)」導入の検討も挙げた。BIDの主財源は負担金で、日本では事例がない。

 会議では、産業創造や経済発展を重視するべきだなどの声が挙がった。今後は今回の議論事項を整理し、4月の大阪府市統合本部で中間案を報告する。


【2012年3月27日 日刊工業新聞社】