HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/まるつね・戸崎泰秀社長「女性向けも投入」

 「地場産の干しイモのファンをまずは栃木県から増やしたい」と笑顔なのは、まるつね(栃木県壬生町)社長の戸崎泰秀さん。地場の農産物を使った乾物の加工、販売を手がけている。

 天日による乾燥にこだわっており、「自然乾燥でストレスを感じた野菜細胞が耐性物質としてアミノ酸などの成分を生み出す。これで乾物の味が凝縮される」と秘密を明かす。

 農商工連携では干しイモを素材にしたアイスクリームなどの商品を発売している。「今後は女性向けに一口サイズのスティック型の干しイモを投入し、ラインアップを増やしていく」と意気込む。(宇都宮)


【2012年3月19日 日刊工業新聞社】