HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

千葉銀、木更津支店跡に地域交流広場

 【千葉】千葉銀行は旧木更津支店(千葉県木更津市)の跡地に多目的広場を開設する。木更津市が取り組む「みなと木更津再生構想」に協力し、「黒塀」をモチーフに江戸時代の風情を感じさせる空間とする。同行が地域貢献を目的に店舗跡を利用するのは初めて。開業は2013年2月を予定。地域交流の拠点として活用を促す。

 広場は同市を訪れた人の休憩場所やイベントの開催場所など幅広い活用を見込む。地域の情報発信コーナーや現金自動預払機(ATM)、駐車場も設置する。

 同行は13年3月に設立70周年を迎えることから、広場開設を記念事業の一環としても位置づけている。佐久間英利頭取は「広場が新たな交流拠点として活用され、駅中心部のにぎわいが戻るきっかけになれば」と期待を示す。

 跡地は千葉銀の前身である旧南総銀行や旧上総銀行の本店所在地で、90年間にわたり地域金融の中心地として機能してきた。今年2月の木更津支店移転に伴い旧店舗は取り壊しが決まったが、地元住民の間では中心市街地の一層の空洞化を懸念する声が上がっていた。


【2012年3月15日 日刊工業新聞社】