HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

阪急池田駅周辺の12店舗、猪肉食品・落語会で商業活性化

 落語「池田の猪(しし)買い」にちなみ、猪肉(ししにく)のメニューを8日からの期間限定で提供―。居酒屋やカフェ、中華料理店など飲食店を中心とした阪急池田駅周辺の12店舗が、猪肉を使った食品や落語会で盛り上げる。ご当地落語にひっかけた商業活性化の一環で、いけだサンシー(大阪府池田市、冨阪昭子社長、072-751-5591)が事務局を務める。販売は3月末までの予定だが、猪肉がなくなり次第終了するという。

 参加店は猪肉のメニューを1品用意し、目印として参加店証を掲げる。参加店を紹介するマップも配布する。メニューは猪肉のすき焼き、猪肉の湯葉包み揚げ、酢猪(すしし)、猪玉(いのたま)など和洋中11種。中でも「猪カレー」は、脂身が溶けて通常よりまろやかな味に仕上がっているという。11日には、こいし歯科で落語会が開かれる趣向だ。

 いけだサンシー担当者は「参加店の新規顧客開拓につながってほしい。今後も定期的に同様のイベントを行いたい」としている。


【2012年3月8日 日刊工業新聞社】