HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

山形大、大学発大吟醸が今年も登場

 山形大学は同大学オリジナルの純米大吟醸酒「山形大学 燦樹(きらめき)2012」を3月1日に発売する。原料米には、山形大農学部付属やまがたフィールド科学センターエコ農業部門(高坂農場)で栽培した酒造に適したコメ「出羽燦々(さんさん)」を79%、山形県金山町産の出羽燦々21%を使用した。今年で6回目となり、同県内4キャンパスにある大学生活協同組合を通じて販売する。

 販売本数は720ミリリットル入り生酒800本、熱処理した火入れ酒1200本の計2000本を予定。価格は各1700円。火入れ酒は4月からの販売を計画している。問い合わせは同大学生協(023‐641‐4380)へ。(山形)


【2012年2月29日 日刊工業新聞社】