HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経産省、「農商工連携」に10事業−被災地の農水産業支援

 経済産業省は31日、東日本大震災からの復旧・復興を見据えた「農商工連携」のビジネスモデル研究事業として、トラフグの陸上養殖、被災地の農水産物生産者と需要者を結ぶ新たなサプライチェーン構築、カキ養殖の生産と流通の高度化など10事業を選定した。1件あたり最大3億円の費用補助を行い、いち早い事業化を後押しして被災地域の農水産業のビジネスチャンスを広げる。

 この地域経済産業活性化対策費補助金(先端農商工連携実用化研究事業)は、大震災の復興事業として2011年度第3次補正予算で措置。経産省は従来、中小企業庁が事業認定する農商工連携促進法の枠組みで、中小事業者による農林漁業高度化を支援してきた。

 先端農商工連携実用化研究事業では、煩雑な認定手続きが必要な農商工連携法の枠組みにとらわれず、被災地の支援に有効な事業を選定。補助により企業の資金調達を支援し早期事業化を目指す。


【2012年2月1日 日刊工業新聞社】