HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

今年の旅行市場見通し、国内・海外とも増加−JTBまとめ

 JTBがまとめた2012年の旅行市場の見通し調査によると、国内、海外とも11年を上回る予想となった。11年の東日本大震災に伴う需要減からの回復で、12年は国内旅行人数は2億8700万人(前年比1・5%増)、海外旅行人数は1740万人(同3・0%増)といずれも増加するとみている。

 1泊以上の日本人の旅行(ビジネス、帰省を含む)と訪日外国人について、経済動向予測や観光関連動向から推計した。

 12年の黄金週間は5月1日、2日を休むと9連休になり、長期休暇を取りやすい日並びだ。お盆時期も8月11日から15日まで5日連続で休みをとれる人が増えそうだ。

 11年夏の節電対策による営業日や営業時間の分散化の経験から、12年夏も休暇の分散取得が考えられ、旅行出発日の分散化や少し長めの旅行も定着すると見る。

 また、円高は海外旅行に追い風で、団塊世代が65歳に達して完全退職者が増えることも、旅行市場にプラスに働くとみている。

 訪日外国人数は780万人(同25・0%増)と予測。近隣アジアの訪日客数が回復に向かうが、欧米各国からの訪問者の本格回復は遅れる見込み。

 その結果、11年よりは増えるが、10年との対比ではまだ9・4%減で、震災前の状態にまでは戻らないと予測する。


【2012年1月12日 日刊工業新聞社】