HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

茨城県と常陽銀、地域経済活性化で連携

 【水戸】茨城県と常陽銀行は26日、地域の経済活性化を目的に包括連携協定を結んだ。双方の持つ知的・人的資源を有効活用し、東日本大震災に関する地域経済の復旧・復興のほか、産業、農業、人材育成などで連携を強めていく。

 第1弾として、年明けから若手の人材育成を目的とした教育資金の助成や企業との交流機会の提供のほか、県産品の販路拡大、観光振興を目的としたイベントを開いていく。

 同日、県庁で開いた締結式で橋本昌知事は「企業誘致なども含めて、積極的に展開したい」と述べ、常陽銀の寺門一義頭取は「さまざまな課題に対する施策を、官民連携によって強化していきたい」と語った。


【2011年12月27日 日刊工業新聞社】