HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

京のふるさと産品協会、東京で認定式−京野菜の料理店

 京のふるさと産品協会(京都市南区、今西仲雄理事長、075-681-4284)は、京野菜を食材に利用する料理店を認定する「旬の京野菜提供店」の認定式を、19日に東京で初めて開催する。足元の京都とともに、全国でも最大消費地である東京で認定式を行うことで、京野菜の認知度向上と消費拡大につなげる狙い。式典には山田啓二京都府知事や、中川泰宏京都府農業協同組合中央会会長も出席する。

 認定式は14時半から、東京都港区のグランドプリンスホテル高輪で開く。旬の京野菜提供店は京野菜の味や京の食文化普及を目的に産品協会が1997年度から認定しており、これまでに計198店を認定済み。東京での認定候補店はフランス料理のオテル ドゥ ミクニ(東京都新宿区)、京懐石みのきち新宿住友店(同)など計8店。産品協会では「今後も引き続き都内で認定式を行い、PRを強化したい」(森田ひとみブランド対策部長)とする。


【2011年12月16日 日刊工業新聞社】