HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/山口茶業・堀野民生社長「すくすく育つ」

 「かつて苦くて濃いお茶は好まれなかったが、最近は状況が変わってきたようだ」と喜んでいるのは、山口茶業(山口県宇部市)社長の堀野民生さん。

 同社も製造を手がける同市の名産品「小野茶」の評価が高まっている。養分に乏しい砂や赤土で育てた小野茶は「食事の後に、お茶で口直しをしたいというニーズに合っているのでは」と分析する。

 その味は極めて個性的。「濃くて渋いけれど、なぜか後味はすっきりとしてさわやか」とか。やせた土地で産まれた小野茶だが、市場ではすくすくと育っている様子。(山口)


【2011年11月30日 日刊工業新聞社】