HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

夢の街創造委員会、商店街の品物を「出前館」で宅配−第1弾、横浜・磯子と協業

 夢の街創造委員会は、各地域の商店街に対して宅配受け付けウェブサイト「出前館」に加盟するよう促す取り組みを始める。第1弾として、12月上旬に磯子商店街商業協同組合(横浜市磯子区)と提携。総菜やパン、生鮮品などを出前館経由で配達する。地域活性化につながる点を訴求し、他の商店街へも協業を働きかけていく。

 磯子商店街との提携では約400品目の注文を受け付け、磯子区以外に周辺区の一部にも宅配する。同商店街はすでに独自の宅配事業を始めているが、利用が高齢者中心だった。出前館を活用することで若年層の開拓を狙う。夢の街は他の商店街へ協業を持ちかける際に、宅配の仕組みも含めて提案する方針。

 中小企業庁が2009年11月に全国の商店街関係者を対象に行った調査では、全体の77.6%が商店街の景況が衰退している、または衰退の恐れがあると回答した。夢の街は宅配の活用で、店舗老朽化や駐車場不足といった商店街の問題点に対処できるとみている。


【2011年11月29日 日刊工業新聞社】