HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

農水省の「アグリビジネス創出フェア」、コーディネーターが来訪者をサポート

 農林水産・食品産業の総合展で、内容を熟知した産学連携コーディネーターに個別相談をどうぞ―。農林水産省が30日から3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開く「アグリビジネス創出フェア」では、8回目の今回、来訪者のニーズに対応する支援策を強化した。技術シーズの出展ブース約180を訪れる、約3万人の来訪者の満足度を高めるべく、コーディネーターの活躍が期待されそうだ。

 今回、力を入れるのはコーディネーターによるマッチング力の向上だ。「コーディネーターカウンター」に得意分野や地域が異なるコーディネーター5人が常駐し、来場者の関心事や課題解決にぴったりの出展ブースを紹介する。あらかじめ出展者とやりとりし、展示タイトルに売りのフレーズを織り込んでもらい、ガイドブックの紹介文面も磨き上げた。ガイドブックには試飲・試食や実物展示のマーク、共同研究、製品化などの希望マークも入れて、利便性を高めた。

 展示は機能性成分や植物工場、環境、食品加工、品質・流通などに分かれている。コーディネーターが1日3回程度のツアー(参加は先着順)を行い、マッチングのための材料を提供する。ニーズが漠然とした来場者にも満足してもらうことを狙っている。詳細はホームページ(http://agribiz-fair.jp/)で。


【2011年11月18日 日刊工業新聞社】