HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

パソナ、廃校舎で人材育成−兵庫・淡路市から無償で継承

 パソナグループは兵庫県淡路市から廃校になっている旧野島小学校施設の無償譲渡を受けた。同グループが淡路島で行っている独立就農希望者らを雇用して、就業訓練などを行う「チャレンジファームin淡路」プロジェクトの活動拠点として改装し、2012年3月のオープンを目指す。

 譲り受けたのは校舎(敷地2435平方メートル)。10年4月に閉校となり、島内の雇用創出などに向けた施設の利活用を模索していた。パソナは同校を農産加工品や水耕による生薬栽培などの開発・研究、流通販売の場とするとともに、観光、研修など地域交流に利用したい考え。

 淡路のチャレンジファームは08年10月にスタート。約4ヘクタールの用地を借り野菜の植え付けや収穫、加工品の開発、販売などを実習している。音楽などの芸術活動と農業を結び付けて起業家育成を目指す「ここから村」や東日本大震災の被災者就労を支援するプログラムなども行っており、現在約200人が入社している。


【2011年10月31日 日刊工業新聞社】